法定講習TOP >> 講習一覧 >> 【第一種電気工事士定期講習】講習の概要
第一種電気工事士定期講習の概要

 

第一種電気工事士定期講習の特徴



●お申込みについて ●日程・会場について ●カリキュラムについて

 

平成25年度から第一種電気工事士の定期講習制度が変わりました。

電気工事士法施行規則等の一部が改正され、平成25年度より第一種電気工事士定期講習は、経済産業大臣から指定を受けた指定講習機関が実施することになりました。
(株)日建学院は、平成24年8月31日付けで「指定講習機関第3号」となり、第一種電気工事士の皆様のお役に立つようより良い定期講習を実施してまいります。

 

第一種電気工事士定期講習とは?

第一種電気工事士については、「電気工事に関する技術及び保安規制に関する知識」を常に更新する必要から『免状の交付を受けた日から5年以内に』また、その後も『5年以内ごとに』定期講習を受講することが義務付けられています。(電気工事士法第4条の3)。

 

関連リンク

 

会場・日程について

【身近な会場で1ヶ月に2回開催!】

全国47都道府県の日建学院約80会場で実施!!

標準開催日は毎月第2土曜日と第4火曜日です。


(pdfファイルが開きます。)

 

カリキュラム

 

受講のながれ

第一種電気工事士定期講習のながれ

 

事前登録受付中です!

弊社にご登録していただけますと、受講時期にあわせて「お申込書付きご案内パンフレット」を

無料で送付致します。翌年度以降に受講を予定される方はこちらをどうぞ!

※受講期限のおおよそ3ヵ月前を目安にお知らせ、申込書をお届けします。

※こちらは事前登録です。お申込みは出来ませんのでご注意ください。