サイトマップ

監理技術者の必須条件

監理技術者講習

受講料・インターネット申込の場合9,000円・郵送申込の場合9,500円

お申し込みはこちら

HOME > 講習一覧 > 監理技術者講習 > 講習について(講習の概要)

○講習について(講習の概要)

監理技術者講習の概要

POINT1:身近な会場で1か月に2回開催

POINT2:通信を活用した映像講習

監理技術者講習とはどんな講習なのかを、監理技術者講習で実際に使われていた講義を交えてご紹介します。映像講義ならではの理解しやすい解説講義をご覧ください。
講習のダイジェスト版

POINT3:最新技術の紹介など価値のある講習内容

POINT4:講習修了証は即日公布。

受講料:9,500円

監理技術者について

建設業法の規定により、発注者から直接建設工事を請け負い、そのうち4,000万円(建築一式工事の場合は6,000 万円)以上を下請契約して工事を施工する場合には、一定の資格を有する監理技術者を工事現場に置かなければなりません。

さらに、公共性のある施設・工作物又は、多数の者が利用する施設・工作物に関する重要な建設工事で、かつ請負金額が3,500万円(建築一式工事の場合は7,000万円)以上の工事における監理技術者は、工事現場ごとに専任の者でなければならないと規定されています。

監理技術者講習とは

「専任の監理技術者が必要な工事」における監理技術者については、公共工事・民間工事を問わず、すべて国土交通大臣の登録を受けた「監理技術者講習」の受講が必要となります。
さらに、「監理技術者講習」を受講した1級の国家資格者は、経営事項審査において、通常の技術者より加点評価されます。

制度の概要

工事現場毎に専任で置かなければならない監理技術者は 「監理技術者資格者証」の取得と、国土交通省登録実施機関が行う 「監理技術者講習」の受講が義務付けられてい ます。
監理技術者に係る制度の概要

監理技術者の資格要件

監理技術者になるための資格要件は下表のとおりです。(建設業法第15条第2項に定められています)

講習修了10日~12日後に表示可能 監理技術者講習修了試験採点結果

採用情報

topics

施工管理技士 受験資格緩和マンガ冊子プレゼント

ページTOP